キッズ携帯で送受信できるのはショートメール(SMS)だけ?Eメールは?

メールを送る人のイラスト

みなさん、こんにちは!Hamic編集部のあもです。

この記事を読んでいるあなたは、キッズ携帯で送受信できるメッセージはショートメッセージ(SMS)だけなの?と思っているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、大手キャリア3社のキッズ携帯で採用しているメッセージの送受信方式をまとめてご紹介します。

※2022年7月時点の確認情報になります。この記事をご覧になったタイミングによって最新の情報でない可能性がありますのでご注意ください

関連記事

▽この記事で分かること

  • docomo(ドコモ)のキッズ携帯のメール方式
  • auのキッズ携帯のメール方式
  • SoftBank(ソフトバンク)のキッズ携帯のメール方式
  • 番外編:Hamic(はみっく)のメッセージのやりとり方法
Hamic編集部員のイラスト

docomo(ドコモ)のキッズ携帯の場合

ショートメッセージ(SMS)を使用 参照:キッズケータイSH-03M

ドコモのキッズ携帯はデータ通信の利用ができないので、メッセージのやりとりにはショートメッセージ(SMS)を使います。

そのため、Eメールは利用できません

メッセージを受信する際は無料なのですが、送信する際にはお金がかかります。

送信1回あたり3.3円~(国内利用の場合)という料金設定で、1度の送信で入力可能な文字数は最大で70文字となります。

なお、ご家族への送信であっても上記の料金がかかります。

また写真の送受信については、親御様側のスマホに「キッズつながリンク」アプリを入れることでBluetooth経由でキッズ携帯側にのみ画像送信が可能です。

キッズ携帯側は、データ通信はできないためWebサイト等から画像のダウンロードができない他、カメラもないため撮影画像も保存されていません。

auのキッズ携帯の場合

ショートメッセージ(SMS)を使用 参照:mamorino5(マモリーノ5)

auのキッズ携帯はデータ通信の利用ができないので、メッセージのやりとりにはショートメッセージ(SMS)を使います。


そのため、Eメールは利用できません

メッセージを受信する際は無料なのですが、送信する際にはお金がかかります。

送信1通につき3.3円~(国内利用の場合)という価格設定なのですが、同一の家族割に加入しているご家族への送信は無料です。

上記のご家族以外へのメッセージ送信は、文字数によって料金が変わります。

最大全角670文字まで送信可能なのですが、全角70文字までは3.3円、71~134文字までは2通として換算され2通分の料金が発生します。

それ以降は67文字毎に1通分の送信料がかかります。

また写真の送受信については、Bluetooth経由で受信のみできる仕様にはなっているのですが、ドコモのように親御様向けのアプリが用意されている訳ではないのもあり、苦戦する場合もあるようです。

SoftBank(ソフトバンク)の場合

Eメール(MMS経由)を使用  参照:キッズフォン2

ソフトバンクのキッズ携帯はデータ通信の利用ができないので、メッセージのやりとりにはMMSによるEメール※とショートメッセージ(SMS)を使います。

送信・受信共に無料で使えます。

三大キャリアで唯一、MMSによりEメールを使えるため保護者側からすると扱いやすそうですね。

なお、SMSの方は受信の使用に限られるため、SMSで返信することはできないので、他社のキッズ携帯とのやりとりは一方通行になります。

※MMSとは、Eメールアドレス宛のメール、長文メールや画像付きメールの送受信ができるメールサービスのことです

番外編:Hamicの場合

専用のメッセンジャーアプリを使用

キッズ用端末に新規参入したHamicのキッズスマホ・Hamic POCKETでは、データ通信が使えるため基本的には専用のメッセンジャーアプリを使いメッセージのやりとりを行います

Gmailアプリも使えますが、使いやすさややりとりの透明性を考えると専用アプリの利用がベストと言えます。

なお、SMSが使えないため残念ながらドコモやauのキッズ携帯とはやりとりができません

また、月額基本料でデータ通信が使えるので、送受信毎に別途料金が発生することはありません。

子どもにも使いやすい専用のメッセンジャーアプリの詳細はこちら

まとめ

キッズ携帯の対応メール比較表

ややこしいことに、大手三社はキッズ携帯で同じメール方式を採用していません。

ショートメールに合わせてくれれば、キッズ携帯同士のやりとりもキャリアの垣根を越えて可能になるのですが、他社ユーザーの利便性まではさすがに考慮されていないようです。

ショートメールはプランによっては大人も送信毎に料金がかかるので、早く互換性にストレスを感じない仕様に進化しないだろうか、と思うこともあります。

安全性を考慮して最低限の機能に絞っているというのも理由として理解はできるのですが、時代も変化しているので様々な考え方に合わせて選択できるようにすることもキャリア側には必要なのではないかなと感じました。

最新記事一覧

関連記事一覧

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。