キッズ携帯のメールが送れないことがあるのは何で?

がっかりした子供たちのイラストみなさん、こんにちは!Hamic編集部のあもです。

この記事を読んでいるあなたは、うちの子のお友達もキッズ携帯を持ってるのに何でメールを送り合えないの?と思っているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、大手キャリア3社のキッズ携帯で採用しているメッセージ送受信の方式を紹介しつつ、なぜキッズ携帯同士でメールが送り合えないことがあるのかを解説していきます。

※2022年7月時点の確認情報になります。この記事をご覧になったタイミングによって最新の情報でない可能性がありますのでご注意ください

関連記事

▽この記事で分かること

  • どのキャリアのキッズ携帯だと送れないことがあるのか
  • docomo(ドコモ)の場合
  • auの場合
  • SoftBank(ソフトバンク)の場合
  • 番外編:Hamic(はみっく)の場合

どのキャリアの組み合わせだと送れないことがあるの?

ソフトバンクのキッズ携帯から他キャリアのキッズ携帯への送信は要注意

ソフトバンクのキッズ携帯が採用している仕組み上、他社のキッズ携帯からのメッセージを受信はできても送信ができません。

詳しくはこの後の項目にて解説していきます。

docomo(ドコモ)のキッズ携帯の場合

SMS(ショートメッセージ)での送受信が可能

ドコモのキッズ携帯は、メッセージのやりとりには電話番号を使ったSMSを採用しています。

登録済みの相手であれば、auとソフトバンクのキッズ携帯宛てにメッセージの送信ができますが、ソフトバンクのキッズ携帯からのメッセージは受け取れません。

auのキッズ携帯の場合

SMS(ショートメッセージ)での送受信が可能

auのキッズ携帯は、メッセージのやりとりには電話番号を使ったSMSを採用しています。

登録済みの相手であれば、ドコモとソフトバンクのキッズ携帯宛てにメッセージの送信ができますが、ソフトバンクのキッズ携帯からのメッセージは受け取れません。

SoftBank(ソフトバンク)の場合

MMS(マルチメディアメッセージングサービス)での送受信が可能

ソフトバンクのキッズ携帯は、ドコモとauとは異なりメッセージのやりとりにはメールアドレスを使うMMSを採用しています。

ただし、登録済みのドコモとauのキッズ携帯からのショートメッセージ(SMS)の受信はできます。

仕組み上それらの端末に対してショートメッセージ(SMS)の送信ができないため、メッセージのやりとりは一方通行になります。

※MMSとは、Eメールアドレス宛のメール、長文メールや画像付きメールの送受信ができるメールサービスのことです

番外編:Hamicの場合

ソフトバンクのキッズ携帯とのみEメールの送受信が可能

キッズ用端末に新規参入したHamicのキッズスマホ・Hamic POCKETでは、電話番号の付与がないためSMSが利用できません。※

そのため、ドコモとauのキッズ携帯とはメッセージのやりとりができません。

ただし、Gmailが利用できるため、ソフトバンクのキッズ携帯にそのGmailアドレスを登録してもらえれば、Eメールでのやりとりは可能です。

※Hamic POCKETではメッセージのやりとりにHamicアプリというメッセンジャーアプリを使用するため、基本的にはスマートフォンとのやりとりに特化しています

まとめ

キッズ携帯同士ならメッセージのやりとりができるのかと思いきや、各社が採用しているシステム上の都合で上手く連携できていないのが現状です。

三大キャリアのキッズ携帯におけるメッセージ送信相関図

お子さんに持たせるキッズ携帯を、親御さんのキャリアに合わせる形で決める方も多いと思います。

ただ、それで決めてしまうと、お子さんと特に仲の良いお友達とのキャリアが合わなければやりとりができない可能性が出てきます。

その点、キャリアの縛りがなく利用可能なHamic POCKETなら、問題なくやりとり可能な点はおすすめしたいポイントです。

例えば、A君のママはドコモユーザー、B君のママはソフトバンクユーザーという場合。

A君にドコモのキッズ携帯を与え、B君にソフトバンクのキッズ携帯を与えるとメッセージのやりとりに支障が出ます。

A君とB君にHamic POCKETを与えれば、特に支障なくやりとりできます。

更にそのやりとりの内容も、お互いの保護者がチェックすることが可能です。

もし事前に仲の良いお子さん同士で機種を合わせられるのであれば、Hamic POCKETでお揃いというのもご検討頂けたら幸いです。

最新記事一覧

関連記事一覧

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。