キッズ携帯からスマホへの移行はいつが良いの?

キッズ携帯とスマホの画像

みなさん、こんにちは!Hamic編集部のあもです。

この記事を読んでいるあなたは、子どもにキッズ携帯を持たせてるんだけど、いつ頃スマホに移行すればいいのかな?と思われているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、キッズ携帯からスマホに移行するタイミングについて解説していきます。

関連投稿

▽この記事で分かること

  • キッズ携帯からスマホへの移行を検討するタイミング
  • スマホへの移行を決めたあとに気を付けたいこと
  • キッズ用端末を持たせている親御さんたちは実際どう考えているか
Hamic編集部員のイラスト

キッズ携帯の卒業はいつ頃がいい?

用途や目的が子どもの現環境に合っているかで検討

キッズ携帯は、複数の友人や部活動のチームメイトたちと連絡を取り合ったりする場合には不便な点もあるため、お子さんを取り巻く環境が変化してくると実際の利用に耐えない場面も出てくるはずです。

最近ではLINEアプリを利用した一斉連絡などが主流になってきている中学校や部活もあるというのも聞くので、自分だけ別途ショートメール(SMS)や電話で1対1でしか連絡が取り合えないというのは、交友関係・人間関係において本人が余計なところで気を遣う原因にもなりかねません。

保護者が良くても、子どもが身を置いている環境で不便な連絡ツールでは意味がありません。

周りの同級生の所持端末や利用状況を意識しながら、スマホへの移行の必要性を考えるようにしましょう。

本人の希望や意思を確認

本人がスマホの所持を希望する場合は、娯楽などの目的以外にどういったことで必要と感じているのか事前に話を詳しく聞いてみましょう。

その上でキッズ携帯特有の「できないこと」や「保護者ありきの利用制限」に着目し、家庭外の環境においてキッズ携帯の機能内で果たせる役割が満足行くものになっているのかどうか、よく照らし合わせてみてください。

重大な不足があると感じるのであれば、スマホの導入を本格的に検討するときかと思います。

スマホ導入を決めたら気を付けたいことは?

最初から使い方を本人任せにしない

スマホを与えることを決めた後は、保護者側も子どもがスマホを持つことによるリスクや実際に起こったトラブルに関する知識をある程度持つことが望ましいです。

正直、制限や約束事なしにスマホを渡し自由に使わせてしまうということは、依存や思わぬ犯罪に巻き込まれる危険がある世界に無防備な状態の子どもを放つのと同じことだと筆者は考えています。

自立しているはずの大人でさえ、スマホに夢中になりすぎたりおいしい話に乗ってしまうという経験をする方がいるのに、子どもに限ってそれを回避できるとは到底思えません。

最初のうちは利用制限の活用も検討する

キッズ携帯とは違ってスマホじゃ制限は掛けられないと思っている方もいらっしゃると思いますが、Googleファミリーリンクを利用し、ある程度は制限と監視が可能です。

ファミリーリンクで出来る主なこと

  • 子どもの端末の位置情報の確認
  • アプリのダウンロード許可
  • アプリの利用許可
  • アプリの利用状況の確認
  • アプリ毎の利用時間/1日の設定
  • 閲覧コンテンツの制限
  • 端末の利用時間の設定

最初は一通り制限を試してみて必要な制限を見定め、自制心やリテラシーの成長に合わせて制限を緩めるまたは解除していくのも良いと思います。

お子さんがスマホにのめり込みすぎていないか、どのくらいネットに潜む危険について理解しているのか、親子でたまに話す機会を設けて確認し合うのも有効ですね。

ぜひ、親子共に積極的に知識や危機意識を身に着けてほしいです。

使い方についてルールや約束事を決める

制限設定を活用する以外にも、ご家庭毎にきちんとルールや約束事について話し合っておくのも大事です。

一方的な制限ばかりでは、自制心と向き合う機会を逃したり、不満を募らせてしまうこともあり得ます。

話合いで決めた線引きを守れない場合はペナルティを課す、困ったときは抱え込まずに保護者に相談すると約束をしておくのも良いと思います。

LINEには制限設定がないので要注意

以前の記事にも書いたのですがLINEアプリは制限設定できる仕様ではありません。

LINE自体が利用推奨年齢を12歳以上としていることからも判るように、リテラシーが未熟な子どもが利用した場合にはトラブルに遭う可能性があることを示唆しています。

接触してほしくないコンテンツに触れてしまったり、怪しい人物と繋がって犯罪に巻き込まれることも実際に起きていますが、それを防ぐ術をLINE側が用意できない以上、保護者がまずは気を付けてあげるしかありません。

直接チェックする以外に誰と繋がっているのかや会話の内容も分からないので、もしLINEを利用する場合は定期的にスマホを預かり中身を確認するようにしましょう。

実際、キッズ端末のユーザーさんはどう考えてる?

キッズスマホ「Hamic POCKET」のユーザーさんに訊いてみた

2021年8月に、Hamic POCKETのユーザーさん(保護者の皆さん)に「どんなことをきっかけにHamic POCKETからスマホへの移行を検討すると思いますか?」というアンケートに回答頂きました。

約1,000名のうち4割ほどの方が、周りの友達や環境に合わせて検討するとの回答でした。

その他は以下のような回答も複数ありました。

  • 中学校に上がるタイミング(小学校を卒業したら)
  • リテラシーが身に着いて自己判断ができるようになってきたら
  • 自己管理ができるようになってきたら
  • 行動範囲が広がったら

やはり、周りのお友達とのコミュニケーションに不可欠なツールと分かっているので、周りの子たちがスマホを持ち始めたら本格的に検討することになるだろう、と考える保護者が多いようです。

不便さもさることながら、輪の中で置いてけぼりになってしまうことや、それによる子どもの精神的負荷を考えると納得の結果です。

まとめ

今持たせている端末の機能や仕様に不足があり不便だと感じ始めたり、周りの環境やお友達の変化に対応できなくなってきているようであれば、スマホへの移行を考えるタイミングです。

スマホを持たせることを決めたら安易にスマホを与えるだけではなく、保護者側も子どもにどんなリスクや危険が及ぶ可能性があるのかを認識し、子どもと話をする機会を設けるのが望ましいです。

恐らくあっという間に使いこなせるようになるはずですが、依存や甘い誘いには無防備になりがちなので、ご家庭毎に約束事やルールを作ることも是非ご検討ください。

お子さんたちが安全な環境でスマホと付き合うことができるよう、しばらくは保護者の方が見守り、時には指導してあげることが大切です。

最新記事一覧

関連記事一覧

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。